矢じりやナイフとして使った黒曜石。でもそれは1万年も前のことです。
今日では、黒曜石はその特有の輝きを活かした
装飾品や置き物などが一般的に親しまれています。

芙蓉パーライトは、1964年から「自然環境との調和」をテーマに
世界的に良質な長野県和田峠産の黒曜岩を用いて
現代科学と独自の技術で開発に取り組んでいます。
石を高温で焼き、発泡させたものがパーライトです。
一般にパーライトの原料となる黒曜岩・真珠岩・松脂岩は、構造水を含み高温で焼くと「発泡」する特性があります。各々にパーライトとして生成され用途によって使い分けられています。
黒曜岩パーライトは、発泡した独立気泡の集合体です。
黒曜岩は、1,000℃の熱を加えると数倍に発泡し
白灰色で無臭の黒曜岩パーライトに生まれ変わります。
黒曜岩パーライトの用途
建材分野での黒曜岩パーライトは[耐火、断熱、保温、防音、防湿]など独立気泡発泡体のあらゆる特長を持つ無機素材の軽量骨材で、さらに吸水性が最も少ない天然素材です。
造園緑化分野では[排水、通気、軽量]と適度な[噛合い接合]の特長により土壌を改良します。黒曜岩パーライトは、これからの環境緑化にかかせない自然にもっとも近い緑化資材用パーライトの代表です。


芙蓉パーライトは【建築資材】【緑化資材】【環境資材】【土壌改良材】など、広い分野に展開し実績を重ね製品化しています。
今後も黒曜岩の専門メーカーとして、黒曜岩と黒曜岩パーライトの研究/開発に取り組んでまいります。
矢じりから1万年...今、進化しています。